fbpx

Style of Kitchen

お家の中の顔、とも言われるキッチン。キッチンの間取りを考えることは、
ダイニングやお部屋全体のインテリアのイメージを考える上でもとても重要です。
様々なタイプのキッチンがあり、見た目はもちろん大切ですが
普段の生活に合った、使いやすさを第一に考えた
お客様だけのキッチンスタイルを+FINOがご提供致します。

icon_kauchi

クローズドキッチン/壁付きキッチン
独立型のキッチンとも言われ、壁や扉などで周りの空間が囲われて区切られているキッチン。
モノがあふれやすく、調理中はにおいや煙も気になるところですが
クローズドキッチンの場合は来客時もそれらを隠すことができます。
調理中の姿を隠すことでテーブルにお料理が運ばれた時、あっと驚く感動もあります。
また、スペース全体を活用して収納棚がつくりやすいため使い勝手がよく、
仕切られた空間で集中してお料理を楽しむことができます。

icon_kauchi

オープンキッチン/対面キッチン
クローズドキッチンに対してオープンキッチンは
ダイニングやリビングと空間が一体になっているキッチンです。
周りの人とコミュニケーションを取りながらお料理できるという意味で
対面キッチンとも言われますが、必ずしも周りに壁がないというわけではありません。
対面キッチンでありながら、壁付きキッチンである場合もあります。
テレビを見ながら、ご家族の様子を見ながら調理や洗い物もできる流行りのキッチンです。
特にお子様のいる家庭では、調理中の会話が貴重なコミュニケーション源と感じている方も多く
ほとんどの方が対面キッチンを選択されます。
対面キッチンには特徴ごとに以下のような名前がつけられています。

icon_kauchi

*アイランドキッチン
開放感が抜群のアイランドキッチン。
島のようにキッチンが壁に接さず、完全に独立しているため
キッチン周りを自由に歩くことができ、調理中の移動がスムーズです。
ただし、壁に面していないため設置には十分なスペースが必要です。
おしゃれであると同時に間取りを工夫しなければならない難しさはありますが、
複数人でお料理ができ、料理好きにはたまらない憧れのキッチンです。

icon_kauchi

*ペニンシュラキッチン
半島、という意味をもつペニンシュラ。
キッチンの左右どちらかの面を壁につけて設置していることからこの名がつきました。
アイランドキッチンのような開放感はありませんが、壁に一部接しているため
コンロでの油はねや汚れが気になりにくく、換気扇の選択肢も幅広くなります。
見た目がアイランドキッチンに次いで開放的でインパクトがあるため
アイランド型が難しい方にもよく選ばれるキッチンです。

icon_kauchi

*Ⅰ字キッチン
シンクやコンロが一直線上に並んだI字になっているI字キッチン。
少ないスペースが有効的に活用されている、オープンキッチンの中で最もよく使われているタイプです。
セミオープンキッチンとも言われ、片側が壁に面しているか
キッチンの前にカウンターを設置して手元のキッチンスペースが隠れる設計になっています。
この設計がペニンシュラキッチンとの差になっており、キッチン周りの生活感を隠すことができます。
色やインテリアにこだわることで、こだわりのキッチンに仕上がります。

icon_kauchi

*セパレート型/II字キッチン
シンクとコンロが別々で、置かれた台が平行に並んでいるセパレート型キッチン。
I字キッチンを2列並べた形のようであることからII字キッチンとも言われます。
横幅に十分なスペースがとれない間取りでも設置できるため
コンパクトでおしゃれなキッチンに見せることができます。
また、作業をシンク側とコンロ側で分けることができるため
複数人でお料理する際にも役立ちます。

icon_kauchi

*L字キッチン
その名の通り、L字に曲がったキッチン。
I字やセパレート型キッチンと比べると広いスペースが必要になり
作業スペースも広く確保される分、存在感のあるキッチンになります。
また、作業スペースだけでなく、収納スペースも広いことが特徴です。
L字キッチンはセパレート型のようにシンク側とコンロ側に分かれているため
90度に身体の方向を変えるだけで両方の作業ができる魅力があります。