Story of Wallpaper

『家も着替える。無難に白じゃつまらない。』
お部屋にもっとカラーを。もっとデザインを。

あなたのお家で白またはベージュ以外の壁紙が使われている場所はありますか?
思い返してみると、意外と柄や色を使っている壁は少ないのではないでしょうか。

お部屋に入るとまず目に飛び込んでくるのは壁だと言われています。
大きな面積を占めている分、
壁紙を一部変えるだけでもお部屋の印象を大きく変えることができるのです。

それでは、なぜ人は壁紙に「白」を使ってしまうのでしょう。
部屋が広く感じられるから。他のインテリアと合わせるのに無難だから。
いくつか理由はあると思います。
しかし、多くの場合はあまり深く考えず「とりあえず白で。」という固定概念があるのではないのでしょうか。
実は白という色にも、変色や傷・汚れが目立ちやすいという難点があります。

私たち+FINOは、お客様と一緒に、白よりももっとお部屋の雰囲気に合う色・柄を、
もっとお客様の理想の空間になるように考えさせていただきます。
白じゃなくても部屋を広く見せたり、お客様のご希望を叶えることは可能です。
むしろ、白よりももっとお好きなものに出会えるかもしれませんね。

今までの白い壁紙から張り替えてリフレッシュ。
壁の一部にデコラティブな壁紙でアクセントを。
玄関の一部をお気に入りの壁紙に。朝家を出る時、帰って来た時、少し元気が出ますね。
寝室だけは自分のお城。憧れの壁紙で、夢の空間に。
トイレなど小さな空間から新しい壁紙に挑戦するのもいいかもしれません。
お店の雰囲気も、壁紙を変えるだけでグッと深みが増します。

気負わず気軽に、
インテリアやカーテンを選ぶように、理想の壁紙でお部屋をコーディネートしてみませんか。

+FINOには、「装飾的」という言葉がよく似合う壁紙が揃います。
巧みな色使いで表現される豊かな彩りとジャンル豊かで繊細なデザイン。
時には油絵のように、時には水彩画のように想像力をかきたてる絵画のような質感、細やかなレースのような質感、粗っぽい石のような質感。
日本で見つけるのは稀なような多彩なデザイン・質感が魅力です。
高いクオリティによって生み出される洗練されたエレガンス・ラグジュアリーです。

壁紙を部屋全体のコーディネートをふまえてご提案、
暮らす人・訪れる人の気持ちを高揚させるようなお洒落な空間に彩り、人々を魅了し続けます。